「トレーナーより」カテゴリーアーカイブ

新入生GAME!

6月18日(日)早稲田大学と以下の特別ルールで新入生GAMEを行いました。
●双方、大学からアメフトを始めた選手を中心にメンバーを構成。

 ●双方、同じPLAY BOOKを使用し、限定されたPLAYを使用。

この日の為に、上級生は約1ヶ月、1年生のために指導役に徹し、試合ができる状態にまで持って行きました。

雨の中難しい試合となりましたが、最後までひとりひとりが諦めず勝利を目指して、経験者の多い早稲田大学に挑みました。

0-18での敗戦となりましたが、この敗戦を糧に体作り、スキルの習得、知識の向上に努めてくれるでしょう。

フットボールを始めて1ヶ月とは思えない非凡なPLAYが見られました。

やはり、試合で伸びますね。

1年生の潜在能力を目の当たりにして、上級生も刺激を受けたのではないでしょうか?

 新入生にとっても、チームにとっても、良い経験が積めました。

一人でも多くの新入生が秋のリーグ戦に出場できるよう、しっかり練習を重ねていきたいと思います。

 来年もこのような機会を創りたいと考えています。

この記事を見ているあなたも、大学から「アメリカンフットボール」をやってみませんか?

★チームオフィシャルブログはコチラ http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。お気軽にお問い合わせください!

【お知らせ】2017年実施、説明会並びにセレクションについて

高校生の皆さん、指導者の皆様

アメリカンフットボール部の説明会並びにセレクションを下記の要領で実施致します。

なお、競技成績は特に問いません。熱意ある者、体の大きい者等、日本体育大学アメリカンフットボール部への入部を希望する学生をご推薦・ご連絡いただきたくお願い申し上げます。

部員の半数以上が大学からアメリカンフットボールを始めています。大学から新しいスポーツを始めたいという方、将来教員・指導者を志している方、夢中になれる何かを探している方には実現できる環境が整っています。

我々は「社会に通ずる人格形成」を目的として活動しており、アメリカンフットボールはその手段だと考えております。選手の前に、まず人として正しいことを身に付けられるようコーチ・スタッフも指導をしております。

ご希望の方は6/30(金)までに、HP上部「お問い合せ」からメールにてご連絡をください。改めて詳細をお送りさせていただきます。

1.【日時】
①6月11日(日) 12:00集合 (13:00開始)
②7月16日(日) 12:00集合 (13:00開始)
③7月22日(土) 12:00集合 (13:00開始)
※上記日程で3日間開催いたします。ご都合の良い日程でご参加ください。

2.【集合場所】
日本体育大学 東京・世田谷キャンパス正面入り口(ライオン像付近)※アクセスマップについては本学ホームページhttp://www.nittai.ac.jp/access/index.htmlをご参照ください。

3.【内容】
弊部説明会…1時間程度
運動能力テスト…2時間程度 ①形態測定、② 体力/筋力測定、③ フットボール実技(フットボール経験者のみ)

4.【その他】
・ ご希望の方は6/30(金)までに、HP上部「お問い合せ」からメールにてご連絡をください。
・運動のできる服装、インシューズ(室内履き)、スパイク(鉄製のピンは不可)、競技経験者は防具(フルスタイル)をご持参ください

皆さんの申込を、弊部一同待っています!

 

★チームオフィシャルブログはコチラ http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。お気軽にお問い合わせください!

新入生入部!

2017年度新入生の入部者が決定しました。

様々な競技から、今年は選手15名マネージャー1名の、計16名の新入生を受け入れます。

この同期が一人も欠けることなく、これからの4年間をお互い切磋琢磨し、かけがえのない一生涯の友となれるよう、日々精進して欲しいと思います。

新入生は6月に行われる早稲田大学との新人戦に向け、先輩から多くを学びながら練習に取り組んでいます。

我々も安全第一で、フットボールに楽しんで取り組めるよう、サポートして行きたいと思います。

アメリカンフットボール部は、志があればいつでも受け入れる準備はできています。

4月・5月が終わり、出遅れたと感じて気が引けている学生がいたら、ぜひ練習や試合の見学にきてください。
※HP上部、「お問い合わせ」よりご連絡ください!

入部の早い・遅いは上達に関係ありません。

必要なのは、本人の意思です。

そういう気持ちを持った学生を、我々は今も待っています。

<入部選手の高校時の経験競技>
◆2017入部_高校時代の競技

 

★チームオフィシャルブログはコチラ http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。お気軽にお問い合わせください!

2017年4月新入生のみなさん

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます!

Huddle②

突然ですが、僕らとアメリカンフットボールやりませんか?

選手もマネージャーもトレーナーも大歓迎!

これからホームページをどんどん更新しますので、
楽しみにしていてくださいね!

また、弊部ブログも随時更新中です!
併せて是非チェックしてください!

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。お気軽にお問い合わせください!

集合写真

2016 TL Player&Staff ②

日本体育大学 トライアンファントライオン
加藤 胡々呂 【Kokoro KATOU】 TR
保健医療学部 整復医療学科 2年生

《日体大に入った理由》

将来スポーツトレーナーになりたいと考えています。
日体大はアスリートが多いので、トレーナーとしての知識だけでなく、
現場の実践経験を積む機会が多いと思ったので入学しました。

《なぜアメフト部に》

元々アメフトが好きというのもあります。
トレーナーとして良い経験ができる場をと考えたときに、
アメフトはケガが多いので、現場で学べることが多いと思ったからです。別のクラブとも悩みましたが、
知識だけでなく組織として学べることも多いと感じて、
アメフト部を選びました。

0008_xlarge

《アメフト部に入って》

選手と関わること、人前で話す機会、
実際の現場で経験できることが多く、日々成長を実感しています。

内気な性格なので人前で話すことが苦手でしたが、
組織の多人数を仕切らなければなりません。
そのため自身の行動に責任感が芽生え、
精神的にも強くなりました。
人間的に大きくなったと実感しています。

実際に学んだことの例を挙げるなら、
80人の部員全員のウォーミングアップや、
トレーニングの効果を高めるにはどうしたらいいか?
どのように選手に説明すればいいか?
試行錯誤を繰り返す日々です。それが毎日続くわけですから、
人前で話すのが苦手ですなんて言い訳もできません。

週末には社会人のOB・OGトレーナーが練習に参加してくださいます。
多くの指導から、自分に足りない部分を学ばせていただいています。

なので、やっていて楽しいですし、もっと知識を増やして
選手をサポートできる幅を広げたいと思います。

帰る時間も遅く、机に向かっての勉強と両立するのは
大変だと感じたこともあります。
ですが授業で学んだことを現場で活かせることも多く、
これからさらに選手に貢献できることが増えると感じています。

0007_xlarge

《1年生へのメッセージ》

自分も高校まではプレーヤーで、
大学からサポートする側になることが不安でした。

辛いメニューを選手に伝えるのに躊躇してしまうこともあります。

でも自分も「選手の時はそう思っていたな」と相手の気持ちが分かると、自分を客観的に見ることができて、掛ける言葉も変わります。
そういう心の持ち方が大切なんだと思います。

まだまだ経験がない私でも、言ったことを選手は実行してくれます。
テーピングもまだまだ上手く巻けません。
選手から「良かったよ」と声をかけてもらえると嬉しくなります。
経験が有る無いではなく、
一生懸命選手のためにやっていれば、必ず自身に返ってきます。
自分の取組み次第で、いくらでも面白くできると思います。

選手に目を配る人が増えれば、チームは強くなります。
ぜひ一緒にチームと共に成長しましょう。

 

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

卒業生進路報告

2016年3月10日に卒業したアメリカンフットボール部4年生16名。
(※上部写真は、卒業式にて撮影)

『アメリカンフットボールという競技を通して社会人として通用する人格を形成する』というチームフィロソフィーのもと、
14名が民間企業に就職します。
また1名が公務員、1名が非常勤講師と、
卒業生はそれぞれの道を歩み始めます。

H27年度卒業生進路

アメリカンフットボールを通じて学んだこと、
そこで得た仲間は、かけがえのない財産です。

4月から新生活が始まる新入生の皆さん。
4年後のどんな自分を写真に残したいですか?

アメリカンフットボール部で、君の未来を作りましょう。

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

新入生の皆さん

一足早いですが、ご入学おめでとうございます。

さて突然ですが、皆さんは「アメリカンフットボール」を知っていますか?我々は共に戦う選手・トレーナー・マネージャーの入部を待っています。

・競技経験が無いし…
・自分にできるかわからない…

その不安は必要無し。
必要なのは『自分がチームを勝たせる』という思い。

部員の半数以上は「大学からフットボールと関わった人」です。

君にもできるんです。

やるかやらないかは、君次第です。2013107[1]

(サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。)

トレーナーを目指すあなたに

トレーナーとは、

フィールドでプレーする選手の

コンディションを最高の状態にして送り出す専門家。

アスリートの一瞬のファインプレーは

トレーナーの力が不可欠。

興味を持っているあなた、

一度弊部を見てみてはいかがでしょうか。

 

知識と技術は一から教えます。

チームの一員として、チームを勝たせよう。

アツい気持ちを選手に伝えたい者(男女問わず)を求む。

2013078

(サイト上部「お問い合わせ」より、見学・入部相談承ります。)

そうだ、筋トレしよう

アメリカンフットボールには体作りが重要。
そこで、トレーナーがトレーニングをサポートします。
2013001[1]

コンタクトプレーが多いこのスポーツでは
体作りは超重要。

入学時に体の線が細めでも、1年(早い人は3ヶ月)経つ頃には
「お前、何があったんだ」という体になる人もいます。

一人ではつらいことも、チームだと超えられるから不思議。
2013005[1]

アツいハートを持った選手を

そんな選手を育て上げるトレーナーを

そんなチームを束ねるマネージャーを

我々は待ってます。
2013008

(サイト上部「お問い合わせ」より、練習見学・入部相談、承ります)

CONFIDENCE

激しいコンタクトプレーの中で戦う選手。その選手は一人で戦う訳では無い。その強靱な体と精神を築き上げるのは、トレーナーである。

#TR 木村子龍【Shiryu Kimura】

2013046[1]

高校の頃から体を動かすことが好きで、将来はスポーツトレーナーになりたいと思い日体大に一般受験で入学した。

入学前のボンヤリとした考えでは、「スポーツジムのトレーナー」より、スポーツチームのトレーナー」になりたいと考えていた。

SY_AJ9K9274
子龍:写真右

だから入学後はトレーナーについて学べるクラブや社会人のクラブチームで経験を積もうと考えていたところ、同じクラスのアメリカンフットボール部員に声をかけられ、全く興味の無かったアメリカンフットボール部に興味を持つようになる。

SY_AJ9K9317

何度か見た試合で、「怪我が多そうなスポーツだな」と思い、トレーナーとして良い経験が積めると感じて入部を決意した。

1年目から選手のテーピングを巻く準備を始め練習を積んだ。実際にフィールドでプレーする選手に巻いたりもした。

練習中は怪我の対応とリハビリ、練習の最後を飾るラントレーニングのメニュー作成、練習後は選手のケアをするなど、努力を重ねて即戦力としてチームと関わった。

SY_AJ9K9455

トレーナーの経験が不足していたため、時に4年生から厳しい言葉を浴びることもあったが、時に同級生から感謝の言葉をもらうことが最高のモチベーションとなる。

 

2年生になり、自分が判断・指示を出すことも増え、充実感を味わいながら1シーズンを戦うことができた。この時、学年やポジションに関係なく、誰にでも同じ対応をすることが自然にできていることに気付く。
どの選手にも同じ目線で話をする、話を聞くことで選手との信頼関係を築き上げる。いつの間にか身につけていることだった。

2013139[1]

今年冬のオフシーズンはある選手から相談を持ちかけられた。
「足を速くするためにどうしたらいいか?」
自分を頼ってくれることが嬉しくて、パソコンを開きPowerPointで20ページに渡る資料を作成し、その選手にプレゼンをした。

走り方、走るのに必要な筋肉とその鍛え方、食事・サプリメントの取り方、そのタイミング・・・。
彼は真摯に受入れ、すぐに行動を開始し、このオフシーズンを通して継続してくれた。シーズンが始まり、チームメイトも驚くほどに、彼の走りは変化した。
彼がさらに活躍してくれたら、何にも変えられないくらい嬉しいと思う。

SY_AS6P0995

トレーナーという仕事で飯を食べて行くには、資格だけでなく人との繋がりや広い視野も必要であり、簡単では無いということが分かった。
まずは一人の社会人として自立し、その上でトレーナーとして選手と関わりたい。就業後や土日で活動する競技が現実的だと考える。

「せっかくなら、アメフトがいいかな。」

SY_AJ9K9436

たった2年でこれだけ経験できる機会はめったにないだろう。人として成長し、自分の将来も具体的になる。トレーナーを志すキミは子龍の後輩になることで見たことの無い世界を目の当たりにする。
そしてトレーナーになるためのひとつの大切なことに気がつく。
能力や経験よりも『いかに選手と信頼関係を築くか』という最も大切なことに。
2013045[1]

 

【弊部活動に興味のある方は、お気軽に見学にお越しください!

サイト上部『お問い合わせ』より、見学・入部相談承ります!】