2015年度卒業生のこれから②

日本体育大学 トライアンファントライオン
2015年度副将 中根 哲哉 【Tetsuya NAKANE】 #80
0017_xlarge

《競い合う環境を求めて》

体育教師を目指して、日本体育大学へ入学。

高校まで陸上競技部に所属し投擲に打ち込む。
試合に勝った時は嬉しいけれども、個人競技なので
喜びを誰かと共有する機会は少なかった。

陸上競技部は人数が少なかったので競う相手がおらず、
ひとりで黙々と練習をしていた。
他の部活を見ていて、練習中から競い合う、
互いに高め合うという環境に憧れていた。
「勝った時にみんなで喜べる」そういう環境を求めていた。

高校時代にラグビーを少しやったことがある。
人数が足りない時に助っ人で練習試合に出たこともある。
これをきっかけに「大学に入ったらラグビーかアメフトをやってみたい」そう思うようになる。
そしてアメフトの動画を見て「カッコイイ!!」と思って入部を決めた。

入学と同時に自らグラウンドに向かい、その場で入部した。

WR(ワイドレシーバー)という、
走りながらボールをキャッチするポジションを希望する。

同じポジションにライバルがいた。
既に推薦入学で入部したアメフト経験者もいた。
だが感じていたのは、
絶対に負けたくない。という事だった。

アメフト未経験の同期と
「推薦入学組よりも上手くなろう」
と誓い合った。しかし現実では、簡単に試合には出場できなかった。
「悔しい」「自分も活躍したい」
そういう感情が溢れている自分に気づく。

 

《リーダーとして》

0016_xlarge

最終学年、オフェンスリーダーとなる。
3年までは役職に就いたことはなかった。
正直な所、確かに不安はあった。
しかしコーチから「自分にできることを一生懸命やるんだ」と言われた。

自分にできること。
チームの雰囲気を作る、練習で手を抜かない、声を出し続ける。
できることをやろうと決めた。

3年生までは自分のことを考えていた。
だけどリーダーになって周りに目を向けたら、
今まで見えなかったものが見えた。
リーダーになって人前で話せるようになった。
そんな機会や経験は、今まで無かった。
そして何十人という人間をまとめる難しさを体感した。

後輩からはコミュニケーションが取りやすいと言われていた。
それが自分の特徴だと思った。
後輩の意見も吸い上げ、みんなが発言しやすい環境作りも心がけた。

しかし、中根は今こう感じている。
「今振り返るとみんなの意見を尊重しすぎた。
周りを気にしすぎた。なぜか?嫌われたくなかったのだと思う。
もっと自分の意見を言えばよかった。
自分の思っていることは発信する。発信しなかったことを後悔している。たとえ間違っていても、チームを良くするためのヒントになるはず。」

 

《1play at a time》

0018_xlarge

「1play at a time」
いつもオフェンスのスローガンを口に出し続けた。
勝っても負けても泣いていた。
持てる全てを出し切ったから自然と泣けたはず。
「後輩にはその気持ちを常に持ち続けて欲しい。」

最終学年、QB(ボールを投げるポジション)の同期が言った。
「中根を信じている。」
自分しか見ていない、自分を信じて投げ続けてくれた。

それが嬉しかった。

卒業後は、地元広島に帰って、非常勤講師をしながら教員を目指す。25歳までに教員になる。
アメフトで経験できたこと、学んだことを子供達に伝えていきたい。
今、広島にはアメフト部がある高校が2校しかない。
いつか地元で自分がアメフト部を創設する。

広島にアメフト部のある高校が3校目になる日は、そう遠くない。

 

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

 

 

2015年度卒業生のこれから①

日本体育大学 トライアンファントライオン
2015年度主将 伊田 拳斗 【Kento IDA】 #2
0002_xlarge

 

《チームを作る》

上級生、下級生関係なく意見をぶつけられる環境を作る。
そう決めてチームを作ってきた。それはできたと思う。
しかし成績は大きく変えることができなかった。
0009_xlarge

「言葉で上手く伝えられるタイプではなかった」
「周りから見たら物足りなさがあったのか。」
自分はフィールドでしか自分を表現できないと思っていた伊田は、
ひとつひとつのプレーを「必ず」全力でやるということを決めた。
言葉にすることが苦手な分、姿勢で示さなければと考えた。
その姿勢を見て付いて行くという後輩もいた。それが嬉しかった。

0006_xlarge
そして練習中に、互いの目標を言い合うようにした。
言ったからにはやらなければならない。
それを強く意識できた。
口に出さないと、自分に甘えが出る。
言葉にすることで、行動が変わる。

 

《2015シーズンを振り返って》

0019_xlarge
プレーヤーとして、納得できるシーズンではなかった。
チームを勝たせるプレーができなかった。
だから全てを出し切ったとは言えない。

今後はXリーグの強豪「ノジマ相模原RISE」でプレーする。
「既に練習に参加したが、『スピードの差』を感じている。」
春に結果を出さなければ選手として登録されない。
秋は必ずローテーションに入って試合に出る。
今度こそチームを勝たせる。

 

《4年間で得たものは》

0003_xlarge
最上級生は考えることが多く、想像以上に大変だった。
「4年生全員がキャプテンのつもりで」というのが
同期の中での約束だった。
思っていることを本音でぶつけ合うことで、チームを作ってきた。

「この仲間は一生モノだと思う。」

0004_xlarge

この「チーム」で、君は4年後に何を得るのか。

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

卒業生進路報告

2016年3月10日に卒業したアメリカンフットボール部4年生16名。
(※上部写真は、卒業式にて撮影)

『アメリカンフットボールという競技を通して社会人として通用する人格を形成する』というチームフィロソフィーのもと、
14名が民間企業に就職します。
また1名が公務員、1名が非常勤講師と、
卒業生はそれぞれの道を歩み始めます。

H27年度卒業生進路

アメリカンフットボールを通じて学んだこと、
そこで得た仲間は、かけがえのない財産です。

4月から新生活が始まる新入生の皆さん。
4年後のどんな自分を写真に残したいですか?

アメリカンフットボール部で、君の未来を作りましょう。

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

新入生の皆さん

一足早いですが、ご入学おめでとうございます。

さて突然ですが、皆さんは「アメリカンフットボール」を知っていますか?我々は共に戦う選手・トレーナー・マネージャーの入部を待っています。

・競技経験が無いし…
・自分にできるかわからない…

その不安は必要無し。
必要なのは『自分がチームを勝たせる』という思い。

部員の半数以上は「大学からフットボールと関わった人」です。

君にもできるんです。

やるかやらないかは、君次第です。2013107[1]

(サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。)

トレーナーを目指すあなたに

トレーナーとは、

フィールドでプレーする選手の

コンディションを最高の状態にして送り出す専門家。

アスリートの一瞬のファインプレーは

トレーナーの力が不可欠。

興味を持っているあなた、

一度弊部を見てみてはいかがでしょうか。

 

知識と技術は一から教えます。

チームの一員として、チームを勝たせよう。

アツい気持ちを選手に伝えたい者(男女問わず)を求む。

2013078

(サイト上部「お問い合わせ」より、見学・入部相談承ります。)

マネージャーを目指す方へ

日本体育大学の、
スポーツを追究する人達の、
スポーツに没頭する生活を、
そんな人達が所属するこのチームを、
ひとつに統べるのが、我らがマネージャー。

 

マネージャーは、共に戦う仲間。
どんな仕事をしているの?
それはこちらをチェック!

日本体育大学アメリカンフットボール部
トライアンファントライオン公式ブログ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/
2013135[1]

フィールドの外でもチームを円滑に運営するために活躍。
荒々しい男共に喝を入れて統率してやる。

2013146[1]

パソコンスキルも、幅広い人間関係でのコミュニケーション能力も
ここで得た4年間は社会に出たときに身になることばかり。
2013058[1]

チームを屋台骨として支えたい人
プレーはせずとも、一緒に戦いたい人

そんな人を待っています。

(経験不問。サイト上部 「お問い合わせ」 より、ご連絡ください。)

 

 

選手を目指す君へ

ご入学おめでとうございます。

日体大に来て新しいことを始めたい人
まだ何も決めてない人。

世田谷グラウンドでフットボールやりませんか。

初心者、未経験者、一般入学者、
そんなもの関係ありません。

必要なのは、強いて言うなら
「俺は絶対やってやる」っていう強い意志です。

アメリカンフットボールは格闘技です。
強い意志を持った君の入部を待ちます。

2013027[1]