2017年度 卒業生のこれから②

日本体育大学 トライアンファントライオン
第59期副将

ビスカルド一路 【Itiro VIZCARDO】 #58
体育学部 体育学科 スポーツ教育領域 4年生 大阪産業大学附属高校出身

 

〈日体大へ進学、高校との違い〉
高校の恩師が日体大の出身だった。恩師から「日体大で人間性やチャレンジする心を鍛えられた。」と聞いていたこと、保健体育教員免許取得が目標だったことから日体大に進学した。

高校まではチームについて行けば結果が出る環境だった。自分がぼーっとしていても勝てるチームだった。だから自分で考えて行動することが少なかった。

しかし大学は自分で考えなければならない環境だった。日々の行動や選択がひとりひとりの意思に委ねられていた。それに慣れることが難しかった。その環境で勝つことがさらに難しい。考える習慣が今まで無かったことから適応するのが大変だったが、得るものは大きかった。

<発信するということ>
各学年で学年ミーティングが行われる。その中で発信する者と、聴く者がいつも決まっていた。最初は聴く側で、自分の意見を言うことをしなかった。正確に言うと自分の考えがまとまっていなかったので、その状況で発信して否定されるのが怖かった。このままではダメだと思い、考えがまとまっていなくても発信するようにした。

「否定されて凹むこともあったし、言い負かされて悔しい思いもした。それでも自分の意見を発することを心がけた。」

すると徐々に自分の伝えたいことがまとめられるようになってくる。周りを気にせずに発信することができるようになる。上手に伝えることができないから発信しなかった、という理由もあるが、自分の取り組みに自信が持てなかったから発信しづらかったという理由もある。

「今では就職活動でも周りに関係なく、自分が感じたことは発信できるようになった。」

フットボールを通して学んだことが、人生の選択の場面で活かされた瞬間だった。

<自分の考え方とチーム>
2年時、ディフェンスからオフェンスにポジションが変更になる。当初は受け入れ難かったが、自分の気持ちよりもチームを優先させた。

「ディフェンスの動きを理解していたので、ただアサイメントを遂行するだけでなく、相手の動きを想定して、自分なりに考えてプレーすることを心がけた。」

それが面白かった。また相手の動きや、周囲の仲間の動きを理解することで、さらに思い切ったプレーができることを知った。自分がフィールドで楽しむためには思いっきりプレーできる状況を自分で創ることが大切だと気づいた。

3年時、ディフェンスに戻る。ディフェンスのコーチは起こったミスに対して、選手にそのときの意図や考えを聞くアプローチをしてくれた。自分なりに考え、チャレンジしたミスは責めることはしなかった。むしろ何も考えずに起こしたミスに関しては厳しかった。そういうアプローチの中で常に考える癖がついた。

<リーダーとして、考えること>
考えることの大切さや、楽しさを身につけた。リーダーとしてメンバーには同じように自分で考えることを楽しめるようになって欲しいと考えていた。自分から縛ることはあえてしなかった。選択を本人に委ねることを意識した。しかしそれを都合良く捉えた選手も少なくなかった。ミスに対してどう改善するかを考えさせたが、同じミスが減らなかった。理想と現実のギャップに苦しんだ。

4年の春、オープン戦の1試合。コーチが一切関わらず選手だけで全て考えて、試合も選手だけの判断で臨むことになった。コーチが関わらない中で、自分がミーティングを進行し、皆をまとめ、そして必死に戦った。その結果、完封勝利を収めた。嬉しかった。発信する自信がついた。どこかでコーチに頼っていたことにも気づいた。

今、振り返ると前に出る癖がついた。様子見するようなことが少なくなり、反応が速くなった。練習でもまず自分が行く。最初に行くとチャンスが増える。最初に行くことで自分自身が攻める姿勢になる、自分を奮い立たせることを意識していた。機会は全員に同じ数だけあった。それを掴んでいたら、いつのまにかそういう習慣がついていた。

「社会人でもプレーを続ける。レベルの高い環境の中で、自分で考えプレーすることを楽しみたい。」

社会に通じる人格形成をチーム理念に掲げる中、ビスのような成長と変化は嬉しく思う。しかしそれはビス自身がこの4年間チャレンジし続けた結果であり、自分で引き寄せた結果なのである。

チャレンジするあなたを、我々は待っています。

★チームオフィシャルブログはコチラhttp://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。お気軽にお問い合わせください!