「選手より」カテゴリーアーカイブ

2016 TL Player&Staff ③

日本体育大学 トライアンファントライオン
後藤 圭佑 【Keisuke GOTO】 #17
体育学部 社会体育学科 スポーツマネジメント領域 3年生

0018_xlarge

《日体大に入った理由》

身近に日体大卒業生がいて親近感があった。
高校では柔道をしていたが、入学後は中学まで続けていたサッカーに取り組もうと思っていた。
しかし入学直後のオリエンテーションで、色々なクラブの情報を得て、
新たな方向に目を向け始めた。

《なぜアメフト部に》

世田谷のグラウンドでの練習風景を見ていたら、
友達から「アメフトやらないか」と誘われて入部。
どんなスポーツかも分からなかったので、
「アイシールド21」という漫画を読んでみた。
それが面白くて、実は漫画の影響でランニングバックか、ラインバッカーをやってみたいと思っていた。

入部後はいろいろなポジションを見ることができて、
そこで今のポジションに出会った。
「そのまま当時の4年生に引っ張られて、
ディフェンスバックを選びました。」

0017_xlarge

《入部したその後》

「今振り返ると、自分は他のポジションよりも、ディフェンスバックに向いていると思います。スピードには自信を持っていて、それが活かせる。サッカーをやっていた時もディフェンスをしていました。
相手の攻撃を読む、相手がやりたいことをさせない、そういうところに魅力を感じました。」

1年の時は自分が何をしているのか、
どんなプレーをすれば良いか、よくわからず楽しいとは言えなかった。先輩たちが楽しい人たちだったから続けられた。

「同じポジションに未経験の同期がいて、競い合う相手がいたこと。
たまに良いプレーができたときに周りから褒められたこと。それがとても大きかったです。最初は面白味を感じる場面は少なかったが、入部したなら最後までやり通そうと決めていたのと、辛いと思っていたときも先輩や同期の存在が、その悪い思いを打ち消してくれたのがとても印象深いです。」

2年生になって先輩が怪我をして、試合に出るチャンスが巡ってきた。
「初めて人を思いっきりタックルしたことが今でも印象に残っています。体を張って止めることで、周りから認められたことが嬉しかったですね。」

0014_xlarge

その後はスターターとして、秋のリーグ戦に出場。
結果は悔しいものだったが、単純に楽しかった。
「スピード感も違う高いレベルで自分のプレーが通用したときに、
楽しさを感じました。」

しかし自分が上手くできたとしても、チームが負けることは悔しい。
自分だけが良いプレーをしても勝てない難しさ、悔しさを実感した。
もうそんな思いをしないために心がけていることがある。

「同じポジション内で思ったことや気づいたことは積極的に共有することを心がけています。またキックカバーリーダーを任されました。指名されると思っていませんでしたが、先輩や同期と協力して良い方向に導きたいです。」

0013_xlarge

《これからの目標》

観客に名前を覚えてもらえるような選手になる。
そのためにボールに対する執着を上げる。
リーグ戦で必ずボールを一つ奪い取る。
「基礎練習でできないことは試合でできないので、練習から常にボールに執着していくことを決めています。」

 

《1年生へのメッセージ》

「迷っていたら挑戦して欲しい。
成功の反対は失敗ではなく、挑戦しなかったこと。
今まではできなかったことが失敗だったと思っていたが、やって失敗することより、やらずに逃げることの方が失敗だと思っています。
やってみたら意外にできたこともありますよ。
今取り組んでいることが成功するかはわからないけれど、
挑戦しなければ成功にはつながらない。
そしてアメフトには誰にでも合うポジションがあるはず。
一緒に挑戦しよう。」

0016_xlarge

 

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。 練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

2016 TL Player&Staff ①

日本体育大学 トライアンファントライオン
徳永 将生 【Masao TOKUNAGA】 #83
体育学部 健康学科 ソーシャルサポート領域 2年生

0003_xlarge

《日体大を選んだ理由》

徳永は、高校まで野球に打ち込んだ。

「プレーをしながらも、『どうしたら足が速くなるのか?』など、
体の使い方を考えたり、自分で調べることが好きだった。
それを実際にグラウンドで試して、脚が速くなったと
『上達すること』を感じるのが楽しかった。
それをもっと深く学びたいと思い、日体大を選びました。」

 

《なぜアメフト部を選んだ》

野球では身体能力よりも技術を求められることが多かった。
身体能力が高くても、レギュラーを取れないことがあった。

そんな時、偶然アメフトの動画を見た。
ダイナミックなスポーツだと感じ、興味を持った。
調べてみると、大学からでも挑戦できるスポーツだと知った。

「日体大にもアメフト部があることを知り、
日体大で学びたいという気持ちと合致してからは迷わず選びました。」

0002_xlarge

 

《アメフト部に入部して》

「日体大というと、第一に『厳しい』というイメージがありました。
高校の先生が日体大出身で、厳しい先生だったんです。
更にアメフトなんて聞くと、更に厳しい場所なんだと思っていました。」

しかし入部すると、「いい意味で先輩も優しかったのが印象的だった」
というのが、徳永の気持ちだ。

「競技未経験者にも指導が行き届いていました。
高校のときはレギュラー陣を中心に指導される事が多く、
先輩から教えてもらうこともあまりない環境でした。
こんなに先輩とコミュニケーションが取れるとは思わなかった。」

特に徳永が感じたのは、
「4年生からこんなに色々と教えてもらえるとは思っていなかった」
という点だ。

「自分が上手くなることに集中できる環境が整っていると思います。
未経験で入って本格的に始めるにはいい部活だと感じました。」

 

0005_xlarge
《リーグ戦に出場して》

高校時代は公式戦に出られなかった。
試合に出場できることが楽しかった。

「アメフトは、多くの選手に試合に出られるチャンスがある。
自分が自分の仕事をしている感じがいい。
走ってボールを取るポジションですが、
細かい技術は身についていなかったので、とにかく
『全力でプレーする』
『スピードで圧倒する』
『ディフェンスと1対1の場面で勝つ』
それだけ考えてやっていました。」

 

《これからの目標は?》

「 関東でNo.1のWRになる。」
(※WR:ワイドレシーバー は徳永のポジション)

社会人のコーチとのコミュニケーションの中で、
やるんだったらTOPを目指すことを学んだ。

UNDER19(※19歳以下日本代表)のトライアウトに参加して、
トップレベルの選手との動き方の違い、PLAYの幅の広さ、
知識の違いを目の当たりにした。

「まだまだ自分に足りないことがたくさんある。
今はとにかくやってやろうという気持ちです。」

0006_xlarge
《1年生へのメッセージ》

「グランドに来て欲しいです。初めてグランドに行った時に、
選手同士が衝突し合う迫力に圧倒されました。
見る価値があると思います。
大学は本気で自分の可能性を見つけられる最後のチャンス。
せっかく日体大に入ったのだから、
4年間本気で何かに打ち込む場所を見つけた方が楽しいと思います。

そしてアメフト部にはそれがあります。一緒に走りましょう!」

 

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

 

卒業生進路報告

2016年3月10日に卒業したアメリカンフットボール部4年生16名。
(※上部写真は、卒業式にて撮影)

『アメリカンフットボールという競技を通して社会人として通用する人格を形成する』というチームフィロソフィーのもと、
14名が民間企業に就職します。
また1名が公務員、1名が非常勤講師と、
卒業生はそれぞれの道を歩み始めます。

H27年度卒業生進路

アメリカンフットボールを通じて学んだこと、
そこで得た仲間は、かけがえのない財産です。

4月から新生活が始まる新入生の皆さん。
4年後のどんな自分を写真に残したいですか?

アメリカンフットボール部で、君の未来を作りましょう。

★チームオフィシャルブログはコチラ
http://blog.nittai.ac.jp/american-football/

★サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。

新入生の皆さん

一足早いですが、ご入学おめでとうございます。

さて突然ですが、皆さんは「アメリカンフットボール」を知っていますか?我々は共に戦う選手・トレーナー・マネージャーの入部を待っています。

・競技経験が無いし…
・自分にできるかわからない…

その不安は必要無し。
必要なのは『自分がチームを勝たせる』という思い。

部員の半数以上は「大学からフットボールと関わった人」です。

君にもできるんです。

やるかやらないかは、君次第です。2013107[1]

(サイト上部 「お問い合わせ」 より、見学・入部相談承ります。
練習開始時間には変動があります。今一度、お問い合わせください。)

選手を目指す君へ

ご入学おめでとうございます。

日体大に来て新しいことを始めたい人
まだ何も決めてない人。

世田谷グラウンドでフットボールやりませんか。

初心者、未経験者、一般入学者、
そんなもの関係ありません。

必要なのは、強いて言うなら
「俺は絶対やってやる」っていう強い意志です。

アメリカンフットボールは格闘技です。
強い意志を持った君の入部を待ちます。

2013027[1]

 

フラッグフットボールをやってみよう

今年も7月19日(日)にフラッグフットボールの体験会を行います。

保健体育の教員免許取得を目指す選手が一緒に指導にあたります。

一昨年も子ども達と同じ目線で一緒に楽しんでいる選手が印象的でした。

この指導経験を今後に活かして欲しいと思います。

ぜひ気軽にご参加ください。

2015FLAG

新入生GAME

先日、早稲田大学と以下の特別ルールで新入生GAMEを行いました。

●双方、大学からアメフトを始めた選手を中心にメンバーを構成。

●双方、同じPLAY BOOKで限定されたPLAY。

この日の為に、上級生は約1ヶ月、1年生のために指導役に徹し、
試合ができる状態にまで持って行きました。

その結果、17名中16名が試合に出場しました。

WRは全員キャッチし、TDを取った選手もいました。

やはり、試合で伸びますね。

1年生の潜在能力を目の当たりにして、上級生も刺激を受けたのでは
ないでしょうか?

新入生にとっても、チームにとっても、良い経験が積めました。

一人でも多くの新入生が秋のリーグ戦に出場できるよう、

しっかり練習を重ねていきたいと思います。

来年もこのような機会を創りたいと考えています。

新入生入部報告

5月12日をもちまして、新入生の入部が決まりました。

様々な競技から今年も選手17名、TR3名、MGR1名の
計21名の新入生を受け入れます。
TR、MGRにそれぞれ1名ずつ女性もいます。
この同期が一人も欠けることなく、これからの4年間をお互い切磋琢磨し、かけがえのない一生涯の友となれるよう、日々精進して欲しいと思います。
昨年の新入生のほとんどが、この春シーズン試合に出ています。
中にはすでに主力選手としてチームにいなくてはならない存在に
なっている選手もいます。
この17人のうち一人でも多く、早く試合に出られるようチームとしても
サポートして行きたいと思います。
また毎年2年次から入部する学生がいます。
アメフト部は志があれば、いつでも受け入れる準備はできています。
出遅れて気が引けている学生がいたら、ぜひ見学にきてください。
入部の早い、遅いは上達に関係ありません。
必要なのは、本人の意思です。
そういう気持ちを持った学生を、まだ、お待ちしてます。
<入部選手の高校時の競技>
野球 8
サッカー 2
ラグビー 2
陸上 1
バスケ 1
テニス 1
ハンドボール 1
ボート 1

アスリート カツキ

WR #23 香月啓太【Keita KATSUKI】

一般入試で日体大へ。

高校では野球。大学では何かしら部活に入ろうかと考えていた。

高校のコーチに「アメフトどうだ?」と言われていたのがきっかけで

自らアメフト部の門を叩く。

 

最初は不安しかない。
何をしたらいいのかもわからなかった。怖かった。

しかし同じポジションの先輩から話しかけてくれて、気楽に話ができて色々なことを教わった。先輩が後輩を気遣ってくれる環境だったので、その不安はすぐに無くなった。

 

最初は失敗が多かったが、それを乗り越えて今がある。

失敗は恐れずに、次こそ成功してやるという気持ちで練習をしていた。

失敗も徐々に減り、成功するシーンが増えてきた。

失敗することでアメフトを理解して、今は面白く感じる。

 

3年になった今は、後輩に自分から話しかけて教えようとしている。

「してもらったこと」を、「してあげよう」と心がけている。

 

昨年ポジションを変更し、持ち味のスピードを活かしたプレーが出始めている。

ボールを預けたら何かを起こす可能性を秘めた選手へと成長している。

これから始まる春シーズンで結果を残し、自信に変えて、秋のリーグ戦の初戦、法政大学に挑む。

 

法政戦では、TDを2本以上、PASS3回以上キャッチ、ランアフター5yd以上という目標に向けて練習に励んでいる。

 

伊田が望む、自ら打倒法政に向けて行動している選手のひとりだ。
香月①

 

【入部相談・練習見学等は
サイト上部「お問い合わせ」よりお願いします!!】

主将 伊田

2015年度主将 #7 伊田 拳斗【Kento IDA】
2013069[1]

主体性を認めるチーム

全員が同じ方向に向くチーム。

『打倒法政』を達成するために、一人一人ができることを考えて行動できるチーム。そういうチームを創っている。

法政大学はTOPリーグ上位常連校。昨年は38-0で負けている。

秋のリーグ戦の初戦に対戦する。

法政大学に勝つことを目標に今チームは動いている。

しかし、できている選手とできていない選手がまだ混在している。

まだ周りに合わせている、みんながやっているからやっているという選手がいるのも事実。全部員が同じ方向に向くのは難しい。

それを解消するために、コミュニケーションを増やしている。

今年からリーダーミーティングを毎週行い、各ユニットのリーダー間のコミュニケーションを増やしている。リーダーだけで24人。リーダーミーティングは常にオープンにしているのでリーダー以外でも参加してもいい。学年関係なく自発的にチームの強化に加わっていく人数を増やしていきたい。

それぞれのリーダーがもっと受け身の選手を引き上げていかなければならない。

どうすればいいか?各リーダーも悩んでいる最中。リーダーになれば誰でも頑張る。そうでなくても引っ張れる人間を増やしていきたい。

言い続けることも大切。どこかできっかけが起これば変われると思う。

新1年生の加入がきっかけになるかもしれない。

アメフトをやってみたい。

大学に入って変わりたい。チャレンジ精神を持っている人に入ってきて欲しい。

そういう人たちは吸収力、向上心が高い。

イコール自発的な人材、行動できる人材だと思う。そういう人材が集まればチームの方向性に合うと思うし、チーム力が加速していく。

新しい、下からの突き上げで上も変わるひとつのきっかけになると思う。

ここ数年、日体大アメフト部は同じ流れで来ている。成績も大きく変わっていない。去年、一昨年からチームを変えよう、変わって行こうという流れになっている。この変化を起こしたい人に来てもらいたい。

チームの半数以上はアメフト未経験者。未経験でも陸上をやっていて足が速い、野球をやっていて球感が活かせるなど、それぞれの良さを活かせるポジションがあるスポーツなので、臆せず門を叩いて欲しい。

競技だけでなく、人としての成長ができる場所だと思う。

【入部・見学相談は上部「お問い合わせ」よりお願いします!】